膝関節

【触診】大腿骨関節軟骨の触診

大腿骨内外側上顆の説明を致します。

2018年02月28日

【触診】大腿骨内外側上顆3

大腿骨内外側上顆の説明を致します。

2018年02月28日

【触診】大腿骨内外側上顆2

大腿骨内外側上顆の説明を致します。

2018年02月28日

【触診】大腿骨内外側上顆

大腿骨内外側上顆の触診を説明します。

2018年02月28日

【触診】 内側側副靭帯

内側側副靭帯の触診は、膝蓋靭帯との鑑別を丁寧に行いながら、膝関節の外反、下腿の外旋操作によって確認します。MCLの直下に指を置き、操作を加えた際にMCLの緊張が高まることを確認しましょう。

2015年10月06日

【触診】外側膝蓋大腿靭帯

外側膝蓋大腿靭帯のストレッチは、まず、股関節を軽度外転位とすることがポイントです。(腸脛靭帯の緊張を緩和させる為) 続いて、内側膝蓋大腿靭帯と同様に、靭帯への弛緩と緊張の反復操作を行うことがポイントとなります。

2015年08月04日

【触診】 内側膝蓋大腿靭帯

内側膝蓋大腿靭帯の触診は、膝蓋骨外側縁を押し込む操作により膝蓋骨内側縁を大腿骨内側果よりしっかりと拳上させる操作によって緊張が高まることを確認することがポイントとなります。

2015年08月04日

【触診】膝蓋骨

膝蓋骨の触診は、膝蓋骨の表層に存在する軟部組織をより分けるように触り、膝蓋骨が押さえる指の下で移動しないように常に2箇所を触れながら触ることがポイントとなります。

2015年08月04日

【治療】 腸脛靭帯リリース2

腸脛靭帯リリースについて説明します。

2015年12月25日

【評価】 膝蓋骨可動性評価(斜め)

膝蓋骨の斜め方向の可動性の評価も、臨床評価に欠かせません。斜め方向の可動性の低下は膝蓋大腿靭帯や膝蓋脛骨靭帯等の周囲組織の癒着が存在する可能性があります。

2015年09月14日

【評価】膝蓋骨可動性評価(回旋)

膝蓋骨には前額面上での回旋運動と、水平面上での回旋運動の2つの回旋運動が存在し、円滑な膝関節運動にはこの2つの回旋運動が欠かせないことに注意しましょう。

2015年09月14日

【評価】 膝蓋骨可動性評価(下部)

膝蓋骨の下部(膝蓋骨尖)が近位に引き上げられない場合は、膝蓋靭帯や膝蓋下脂肪体との癒着が存在する可能性があります。

2015年09月14日

【評価】 膝蓋骨可動性評価(上部)

膝蓋骨の可動性を評価する場合は、膝関節角度に注意しましょう。膝蓋骨の上部(膝蓋骨底)が遠位に引き下げられない場合は、膝蓋上嚢や膝蓋上脂肪体の癒着が考えられます。

2015年09月14日

【評価】膝蓋骨可動性評価(TILT)

膝蓋骨には矢状面上で傾斜する動き(TILT)があります。膝蓋骨底や膝蓋骨尖が矢状面上において充分傾斜できるかを評価し、周辺組織の癒着の可能性を評価します。

2015年09月14日

【治療】 腸脛靭帯リリース3

腸脛靭帯リリースの紹介をいたします。

2016年02月16日

キーワードで探す

  • いつでもどこでも何度でも。スマイルチェーンオンデマンドは、PT・OT・STの方に役立つ動画配信サイトです。

PAGE TOP