評価

【評価】 座位姿勢評価(総論)

座位姿勢を評価する際も、立位姿勢評価と同様に脊柱のカップリングモーションを意識することが重要です。 側屈と反対回旋運動が脊柱には起こりやすいことを理解し評価しましょう。

2015年07月04日

【評価】 座位姿勢評価(頭頸部)

座位姿勢において頭頸部の可動性を評価する際には、胸腰椎部分のアライメントを評価し、頭頸部の立ち直りの状態を事前に予測した上で行うことが重要です

2015年07月04日

【評価】 座位姿勢評価(胸腰部)

座位姿勢において胸腰部の可動性を評価する際に、立位姿勢での評価結果とアライメントや可動性が異なる場合があります。 立位姿勢結果が必ずしも座位姿勢と同様となるとは限らない点に注意しましょう。

2015年07月04日

【評価】 立ち上がりテスト1

左右足部の前後を位置をかえることで、左右下肢の筋力の違いを推察することができます。 左右の違いが判断しにくい場合は動作速度を遅くする、足の前後位置を広げるなどして、評価しましょう。

2015年07月15日

【評価】 立ち上がりテスト2

左右足部の前後を位置をかえることで、左右下肢の筋力の違いを推察することができます。 左右の違いが判断しにくい場合は動作速度を遅くする、足の前後位置を広げるなどして、評価しましょう。

2015年07月15日

【評価】座位立ち直り(総論)

座位の立ち直り評価のポイントは、脊柱の可動性が充分であるか、骨盤を挙上させる筋力は充分であるかの2つの視点から考えることです。

2015年06月25日

【評価】座位立ち直り(分析)

立ち直り動作には、体幹筋群の筋力に加えて胸腰椎部や骨盤の可動性なども影響します。立ち直り動作を評価する際には、影響する要因は様々あることに注意しましょう。

2015年08月22日

【評価】 立位姿勢評価(姿勢パターン)

立位の姿勢評価のポイントは、骨盤が下制した状態に対して、脊柱がどのように代償しているかを分析することです。 代償の仕方は程度に差はあれども頸部のみ、あるいは頸部と胸椎部と、2つの方法が考えられます。

2015年06月25日

【評価】 立位姿勢評価(分析)

姿勢によりどのようなメカニカルストレスが生じるのかを理解することが重要です。 姿勢変化に伴い関節や筋腱、神経などの組織がどのような状態になるかをイメージしながら姿勢評価を行うようにしましょう。

2015年07月04日

【評価】 立位姿勢評価(骨盤回旋位評価)

大転子の位置より骨盤回旋位の状態を予測するこの評価の診方は、大腿四頭筋筋力や腰背部の筋の緊張状態等、その他所見と重ね合わせ総合的に考えるようにしましょう

2015年07月04日

【評価】 骨盤アライメント(矢状面)

骨盤アライメント(矢状面)について説明致します。

2015年06月17日

【評価】 骨盤アライメント(前額面)

骨盤アライメント(前額面)について説明を行います。

2015年06月17日

(coming soon)

(coming soon)

2015年05月29日

(coming soon)

(coming soon)

2015年05月29日

(coming soon)

(coming soon)

2015年05月29日

キーワードで探す

  • いつでもどこでも何度でも。スマイルチェーンオンデマンドは、PT・OT・STの方に役立つ動画配信サイトです。

PAGE TOP