触診

【触診】 腰椎棘突起

腰椎棘突起の触診は、腰椎のアライメント評価や多裂筋の評価、治療に重要です。腰椎のアライメントにより棘突起間距離が変わることに注意しましょう。

2015年05月29日

【触診】 腹直筋

【起始】 第5~7肋軟骨 肋骨剣状突起 【停止】 恥骨結合、恥骨結節 【支配神経】 肋間神経(T7~T12)  腹直筋は上下、左右で脊柱に及ぼす影響が異なる為、評価及び治療は腹直筋を4つの区画に分類して行いましょう。

2015年05月29日

【触診】 多裂筋

【起始】 ①第4仙骨孔までの仙骨後面 ②上後腸骨棘 ③背側仙腸靭帯 ④すべての乳様突起及び腰椎椎間関節包 【停止】 棘突起  【支配神経】 脊髄神経後枝内側枝 腰椎レベルが下位になるにつれ、脊柱起立筋における多裂筋の占める割合が増加することに注意しましょう。

2015年05月29日

【触診】 椎間関節

腰椎椎間関節へのストレスは同一神経支配(脊髄神経後枝内側枝支配)により多裂筋の反射性スパズムをもたらすことに注意しましょう。

2015年05月29日

【触診】 腸肋筋

【起始】 仙骨、腸骨稜、腰背筋膜(腰腸肋骨)  【停止】 第6~12肋骨、腰背筋膜深葉、上位腰椎横突起(腰腸肋骨)  【支配神経】 第8頸神経~第1腰神経の後枝外側枝   触診は肋骨角を触り、最長筋との違いを触り分けることがポイントです。

2015年05月29日

【触診】 内腹斜筋

【起始】腰筋膜、鼠径靭帯、腸骨稜中間線 【停止】 後部筋束は第11及び第12肋骨、その他は腹直筋鞘前葉を介し白線 【支配神経】 肋間神経T10~L1  線維方向の違いより、斜走線維(同側側屈、同側回旋作用)と横走線維(下部腰椎安定化作用)と2つに分けて脊柱への作用を考えることが重要です。

2015年05月28日

【触診】 外腹斜筋

【起始】 第5~12肋骨外面 【停止】 腸骨稜外唇、鼠径靭帯、腹直筋鞘を介し白線 【支配神経】 肋間神経T5~T12 外腹斜筋は肋骨外面で触れることができるが、内腹斜筋や腹横筋は肋骨外面では触れることができないことが触診する上で重要なポイントです。

2015年05月28日

【触診】 腰方形筋

【起始】 腸骨稜  【停止】 第12肋骨 第1~4腰椎横突起  【支配神経】 第12肋間神経  腰腸肋筋の外側縁と腰方形筋との間には腰背筋膜の深葉が存在する為、腰背筋膜の伸張性評価に重要な触診のポイントとなります。

2015年05月28日

キーワードで探す

  • いつでもどこでも何度でも。スマイルチェーンオンデマンドは、PT・OT・STの方に役立つ動画配信サイトです。

PAGE TOP