講義

【講義】肩インピンジメント症候群の考え方1

肩インピンジメント症候群の考え方

2017年01月21日

【講義】 腱板の構造

腱板の構造を講義致します。

2017年01月21日

【講義】 肩関節の静的安定化機構

肩関節の静的安定化機構に関与する組織をまずはしっかりと理解しましょう。

2015年05月28日

【講義】 肩甲上腕関節の構造

肩甲上腕関節は上腕骨頭の関節面のおよそ1/4程度しか関節窩と接していないことから、可動性に優れる反面不安定性を呈する関節であることを理解しましょう。

2015年05月16日

【講義】 滑液包

肩甲上腕関節の滑液包は関節包内と交通し関節内の栄養供給と内圧調整に関与する滑液包と、関節包とは交通せず関節運動の円滑化に関与する滑液包の2種類が存在することを理解しましょう。

2015年05月16日

【講義】 滑液包

関節包には関節液による吸着作用と関節内圧が陰圧であることの2つの関節安定作用が存在することを理解しましょう。

2015年05月29日

【講義】 腱板

腱板は烏口上腕靭帯に挟み込まれた5層構造を呈すること、烏口上腕靭帯の伸張性低下が腱板筋群の筋機能に影響する可能性があることを理解しましょう。

2015年05月29日

【講義】 関節唇(前編)

関節唇の構造の理解は投球障害(SLAPリージョン、バンカートリージョンなど)の理解に必要不可欠です。

2015年05月28日

【講義】 関節唇(後編)

関節唇が上腕骨と関節窩との適合を高め、関節安定化には欠かせない組織であることを理解しましょう。

2015年05月16日

【講義】 肩関節の動的安定化機構

肩関節の動的安定化機構に関与する組織をまずはしっかりと理解しましょう。

2015年05月31日

【講義】 関節包靭帯の解剖(前面)

関節包靭帯は関節前面に3つ存在します。つまり肩関節は前方へのストレスに対して組織強度が低い為に靭帯が豊富に存在していることを理解しましょう。

2015年05月31日

【講義】 関節包靭帯の解剖(後面)

後面の関節包靭帯には腱板筋群の中で小円筋が付着します。 後方関節包の可動性を考える際には小円筋の影響も併せて考えましょう。

2015年05月28日

【講義】 関節包靭帯の機能(関節包前面)

肩関節肢位の違いによるSGHL、MGHL、AIGHLの緊張度の違いを正確に理解することは、洗面動作や洗髪動作等のセルフケア動作時の制限因子の考察に重要です。

2015年05月16日

【講義】 関節包靭帯の機能(関節包後面)

肩関節肢位の違いによるAIGHL、後方関節包の緊張度の違いを正確に理解することは、結滞動作や上肢挙上を伴う動作全般の制限因子の考察に重要です。

2015年05月29日

【講義】 烏口上腕靭帯の解剖

烏口上腕靭帯の解剖の理解(疎性結合組織であり毛細血管が豊富であり拘縮に至ると改善が困難な組織)は肩関節拘縮治療に非常に重要です。

2015年05月29日

キーワードで探す

  • いつでもどこでも何度でも。スマイルチェーンオンデマンドは、PT・OT・STの方に役立つ動画配信サイトです。

PAGE TOP